おもちゃ劇団 市川おもちゃ座長 楽屋インタビュー

6月某日 おもちゃ劇団座長、市川おもちゃ座長を撮影・取材しました。
この日は座長のお誕生日公演というのもあり、朝から忙しそうにされている中、
どんどん楽屋入ってきてくださいね〜とスタッフにも声をかけて頂きました。
お心遣いが大変身に染みます…。

多忙なおもちゃ座長の
お化粧のこだわりは意外?

楽屋に失礼させて頂き、座長のお化粧の様子をカメラに
おさめさせて頂いている中、失礼ながら聞いてみました。

お化粧の時に気をつけていることはありますか?
んー・・・時間、ですね

手際よくお化粧をされながら、スタッフの質問に気さくに答えてくださいました。

立役から女形に変わる時とか、ショーとショーの間の決められた時間の中で、どれだけお化粧を完成させられるか、そこは気をつけてますね。

舞踊ショーの1曲の長さは長くても5分ほど。1曲あけてまた出てくるというのは大衆演劇では 日常茶飯事です。
そんな限られた時間の中、お化粧も変え衣装も変え、そして凛と美しく舞台に 出てくるのは、並大抵のことではありません。

さすが座長。お答えの言葉の節々にプロ意識がちりばめられています。

そんな座長の横でお休み中の市川こもちゃさんを最後に
パシャり。

身支度をする市川おもちゃ座長
身支度をする市川おもちゃ座長
休養に余念のない市川こもちゃさん
休養に余念のない市川こもちゃさん
二代目市川おもちゃ(にだいめ いちかわ おもちゃ)。兵庫県出身、1977年生まれ。母は現太夫元の市川恵子。4歳の時に市川こもちゃとして初舞台。1996年に二代目市川おもちゃを襲名。舞台への情熱は人一倍強く、確かな演技力と現代的な感性をあわせもつと、高い評価を受けている。

おもちゃ劇団様の情報

大正時代に生まれたと言う由緒ある劇団。当代市川おもちゃが座長となって
以降の舞台も、関西が誇る大看板だった市川おもちゃの名をさらに高めると
評価されている。
Share on Google+
 
タイトル:
お名前:
連絡先メールアドレス:
連絡先電話番号:
- -
内容:

コンテンツ

衣装箱の紹介

Twitter


アトムの関連事業